トップページ > 専門研究会 > ナノマグネティックス専門研究会

ナノマグネティックス専門研究会

本専門研究会は、磁気記録・光磁気記録、MRAM等の磁気デバイス研究者と磁気物性の研究者が、ナノスケールの磁性材料の静的な磁化状態およびダイナミックな磁化状態変化に関連する諸問題を広く議論しようとする専門研究会で、「マイクロ磁区専門研究会」を発展的に解消し発足するものです。

 本専門研究会では学術的観点から

  • ナノスケール磁性材料およびデバイスに関して、
  • 磁区の熱安定性問題
  • 交換相互作用を利用した磁化状態 のより高度な制御技術
  • 高速スイッチングにおけるスピンダイナミクス
  • 磁壁ダイナミックス
  • ナノスケール磁性材料・デバイスの磁化状態観察手法

など様々な課題を研究対象にして参ります。

 本専門研究会は、産官学の第一線で研究開発を担っている研究者が、上記のナノスケール磁性材料、デバイスに関して、自由闊達に議論するものであり、その活動は我が国のみならず世界の学術の進歩に貢献するものと考えます。

委員長 五十嵐万壽和

平成30年度の開催予定

               

日時 場所 担当世話人
第80回

 5月25日

東京大学理学部化学本館2階講義室 三俣、能崎
第81回

 6月29日

東京大学本郷キャンパス工学部12号館 田畑、細見、清水 
第82回

 8月 3日

中央大学駿河台記念館 粟野、岡林、長谷川、古屋、菊池
第83回

10月18日-19日

大阪大学 吹田キャンパス材料開発物性記念館(R4棟)
(MR研究会共催)
五十嵐、中谷
第84回

11月30日

場所未定 塚本、及川